2017.09.01

「シンジがベンチだなんて…」。
負けを認めた豪州メンバーの日本選手評

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 また、右のウイングバックでフル出場したマシュー・レッキーは、この日の日本のアプローチに少し驚いたという。

「日本は常にアジア最強のチームのひとつだし、今日もすごくやりにくい相手だった。ただ、今日の彼らはこれまでとはちょっと違って、普段より守備的に入ってきたと思う。ポゼッションはこちらが上だったけど、彼らには彼らのプランがあり、やるべきことをしっかりやっていた。そして、チャンスを確実に決めた。見事な戦いぶりだと思うよ」

 レッキーは2011年からドイツでプレーする26歳。今シーズンから原口元気(ヘルタ・ベルリン)のチームメイトになるなど、普段からブンデスリーガで対戦する機会が多い日本人選手についてこう話した。

「ブンデスリーガで時々当たるので、何人かの日本人選手とは顔なじみだ。今日はそのなかでも、大迫(勇也)がよかったと思う。うちのディフェンスはすごく手を焼いたよ。前線で確実にボールを収める技術はいつ見てもすばらしいし、前を向いたら、もっと脅威になるよね。

 あと、同じサイドで対峙した長友も手強かった。彼とは普段から対戦しているわけではないけど、相変わらずプレー全体がとてもソリッドだった。なかなか突破させてもらえなかったし、アシストも見事だったね。もっと攻撃参加してくるイメージがあったけど、今日はしっかり守ることを心がけていたように思う」