2017.05.20

U-20W杯、南アフリカ戦は
「耐えてスーパーサブ投入」で勝つ

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 耐えた先に勝機あり──。これが、若き日本代表が5月21日に迎える南アフリカとの初戦のポイントだろう。我慢比べに勝てるかどうか。たとえ前半、多少押し込まれたとしても、それは日本にとって悪い展開というわけではない。

ホンジュラス戦では後半投入でチームを活性化させた市丸瑞希 U-20ワールドカップが5月20日に韓国で開幕する。この大会に10年ぶりに出場するU-20日本代表の戦いは、翌日に水原(スウォン)でその幕が切って落とされる。

 南アフリカとの初戦でピッチに立つ顔ぶれは、5月15日に行なわれたホンジュラスとの親善試合におけるスタメンがベースになると見ていいだろう。

 GK:小島亨介(早稲田大)/DF:初瀬亮(ガンバ大阪)、冨安健洋(アビスパ福岡)、中山雄太(柏レイソル)、舩木翔(セレッソ大阪)/MF:坂井大将(大分トリニータ)、原輝綺(アルビレックス新潟)、堂安律(G大阪)、三好康児(川崎フロンターレ)/FW:岩崎悠人(京都サンガ)、小川航基(ジュビロ磐田)。

 ホンジュラス戦では、原に代わってMF市丸瑞希(G大阪)がボランチに入った後半にボールの回りが滑らかになり、チームパフォーマンスが向上した。指揮を執る内山篤監督が「彼のよさは修正が効くところ」と語ったように、市丸は後半に入ってギアを上げたいシチュエーションで投入したい。