2016.08.06

南野拓実が語る五輪「得失点差-1で
終わったことが必ず生きる」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 リオ五輪初戦のナイジェリア戦で、日本は4-5で敗れた。その大味な展開を招いた原因は、日本自慢の守備が崩壊したことにある。結果、大事な初戦を落とした。

 そんな中、唯一の光明となったのは、MF南野拓実だ。

ゴールを決めるなど、高い存在感を示していた南野拓実 前半6分に先制されるが、その3分後、ペナルティーボックス内に進入した南野が相手DFに倒されてPKを奪った。

 さらに前半10分、DF室屋成のミスから再びナイジェリアに勝ち越しを許すが、その3分後、MF大島僚太からの縦パスを受けた南野が、1対1となった相手GKの股を抜いて同点ゴールを決めた。

 開始早々、一方的な展開になりそうな状況にあって、南野が2得点に絡む活躍を見せて、序盤の日本の窮地を救ったのだ。

「個人的には、ゴールを取れたことはよかったです。僚太くんは僕の欲しいところにボールを出してくれるし、どのポジションでも僕を見ていてくれるんで、すごくやりやすい。でも今日の試合では、僚太くんからいいパスが出たとき、そこでどうやってゴールにつなげるかという点においては、まだまだ物足りない部分があった。目の前の相手に引っかかったり、相手の競り合いの強さも感じたりしたんで。そこは次、改善していかないといけないと思っています。

 あとは、いい感じでボールを動かしているとき、ペナルティーエリア内に侵入していくための工夫が足りなかった。そこはゴールにつながるところなんで、次の試合では意識していきたいですし、どうやってボールを動かすのか、というところもビデオで確認して、見直しを図っていきたいです」