2016.03.31

5-0圧勝という結果とは裏腹に、最終予選へ向けて高まる不安

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 MF香川真司、本田圭佑と、役者がそれぞれゴールを決め、結果は圧勝。だが、計5ゴールのほとんどは相手の拙い守備に助けられたもので、最終予選に弾みをつける内容だったとはとても思えない。

 試合内容にふさわしい、本当の危機感を芽生えさせるためには、2、3点取られていたほうがよかったのではないか。そんなふうにさえ思えてくる。長谷部は言う。

「最終予選が厳しい戦いになるのはわかっている。もっともっと成長していかなければいけない、という危機感はある」

 のちにこの試合を振り返ったとき、3月の試合はいつもあんなものだから、と笑い飛ばせるようになっていればいいのだが……。9月に始まる最終予選へ向け、大きく不安が残る2次予選の最終戦だった。

関連記事