2016.04.14

W杯最終予選B組。日本が「恵まれてない」という、これだけの事実

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 2018年W杯ロシア大会への出場権を争う、アジア最終予選の組み合わせが決定した。

2018年ロシアW杯アジア最終予選組み合わせ
【グループA】イラン、韓国、ウズベキスタン、中国、カタール、シリア
【グループB】オーストラリア、日本、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ

【日本代表 試合日程】
(※左側がホーム)
2016年 9月1日 日本vsUAE
      9月6日 タイvs日本
     10月6日 日本vsイラク
     10月11日 オーストラリアvs日本
     11月15日 日本vsサウジアラビア
2017年3月23日 UAEvs日本
      3月28日 日本vsタイ
      6月13日 イラクvs日本
      8月31日 日本vsオーストラリア
      9月5日 サウジアラビアvs日本

 グループBに入った日本と同組になったのは、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。全6カ国がホームアンドアウェーの総当たりで対戦し、上位2カ国に入れば出場権獲得が決まる。3位になった場合はグループAの3位と対戦し、勝てば北中米カリブ海予選4位との大陸間プレーオフに回ることになる。

 この組み合わせ抽選の結果を受けて一般的な関心は、これが日本にとって恵まれたものなのかどうか、ということだろう。

 その結論を出すために、まずは抽選方法をおさらいしておきたい。