2015.11.14

日本の攻撃を変えた「間」。柏木陽介が「ポスト遠藤」たるゆえん

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

「あれ(ショートパスの交換)がやっぱりサッカーでは大事やと思う。『あのパス、なんでなん?』って思う人もいるかもしれないけど、それが相手を引きつけるパスであり、それをする中で誰かが動き出したタイミングで次を狙うっていうのを考えてやっているから。それがもっと全体的にできれば、よりよい攻撃がもっと増えてくるんじゃないかなと思う」

 とはいえ、柏木自身、「相手が相手だったから、全然満足はしてない」と話しているように、このレベルの試合で出来がよかったからと言って、手放しにほめたたえてばかりもいられない。「もっと強くなった相手に対して自分がどれだけできるのか、もっと試していきたい」という柏木の言葉は、この試合を見た誰もが感じるところだろう。

 それでも、相手が弱ければ何もかもがうまくできるわけではない。単調になりがちな攻撃に打開策となりうる新たな変化が見られたことは、ポジティブな兆候だったと言っていい。柏木が言う。

「こういう試合でも自分の役割をしっかり果たせたところは自分でも評価しているし、監督がどう思っているかはわからないけれど、評価してもらえているところなんじゃないかなと思う。日々成長して、(監督から)『日本代表でお前が要るな』と言ってもらえる選手になれるように頑張りたい」

 奇しくも柏木が背番号7を背負ってピッチに立ったこの日、遠藤がいなくなって以来久しく失われていた攻撃の“間”を、日本代表は取り戻した。

関連記事