2015.02.20

オーストラリア人記者が見たサッカー日本代表。「緩い」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao
  • photo by Matsuoka Kenzaburou

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(12)

 アジアカップの後、オーストラリアではサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)が悲願の初優勝を遂げたことが大きな話題となった。

『The Age』(高級紙)が「アジアカップの優勝は、今後の成功の氷山の一角に過ぎない」と、未来への期待が膨らむ成功だったと称えれば、『The Daily Telegraph』(タブロイド紙)は「ケーヒルはビッグゲームで魔法を出せなかった。だが、それは結果に関係なかった」と若手の台頭を喜んだ。

「我々には勝者で終われるという自信があった。自分たちのプライドを胸に、しっかりとチャンスを掴んだだけのこと。これでオージー(オーストラリア)は世界のトップに挑戦できる」

 自国開催で優勝への自信があったとはいえ、ギリシャ系オーストラリア人のポステコグルー監督も、2017年コンフェデ杯(ロシア)への出場権を手にし、ご満悦だった。

アジア杯準々決勝、UAEに敗れた日本代表 そんなオーストラリアが、おそらく18年ロシアW杯予選でも、日本にとって大きなライバルになることは間違いない。では、オーストラリアメディアはいったい日本の戦いぶりをどう見ていたのだろうか。