2015.01.17

イラク戦は「大人の戦い」。今がピークの日本に募る不安

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images Sports

 1-0。しかも唯一のゴールはPK。イラク戦はスコア的には、考えられる限りにおいて最も地味な勝利、まさに辛勝だった。が、内容的にはその逆。あらゆる1-0の中で、最も2-0以上に近かった。

 満足度では、先取点を奪う時間がもう少し遅ければ1-0、2-0もあり得た初戦(パレスチナ戦、4-0)より上だった。

 イラク戦。決定的なチャンスは、PK以外に3度あった。本田圭佑が2回、香川真司が1回、決めるべきゴールを外したわけだが、だからといって日本が嫌なムードに襲われることはなかった。内容は尻上がりに安定していった。

後半途中から出場、日本に落ち着きをもたらした今野泰幸 日本といえば、追われる側に回ると弱い気質がある。1点リードで終盤を迎えると、必ずと言っていいほどアタフタする。ブラジルW杯のコートジボワール戦はその代表的な一戦になる。焦ったり慌てたり。1-0でキレイに逃げ切る試合に遭遇することは稀(まれ)だ。

 このイラク戦は、いい意味で珍しい試合だった。利いていたのは、遠藤保仁、乾貴士を下げ、今野泰幸、清武弘嗣を投入した後半18分のメンバー交代になる。それ以前はイラクにもチャンスはあった。日本はそれなりに不安要素を抱えていた。だが、これを機に、イラクの反撃精神は減退。チャンスはめっきり減ることになった。