2015.01.15

酒井高徳が語るアジア杯。「代表への気持ちが変わった」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 現日本代表監督のハビエル・アギーレに関して、時として日本メディアは「キレキャラ」のように報じることがある。「選手に檄を飛ばし」「報道陣を一喝し」「試合中は鬼の形相で」……といった具合だ。だが、誰もが同様に感じているわけではない。 

 酒井高徳が「今日のアギーレ監督は気合いが入っていましたね?」と記者に尋ねられたときのことだ。彼はうなずきながらも、「やっぱそういう風に感じちゃうんですね」と、違和感を漏らした。

「向こう(ドイツ)にいると、ああいうのが普通なので、怒っているように感じないというか……。最初は僕も、ああいう声を出されるとびくっとしましたけど、今は特に感じない。練習でぴりっとしなければいけないと思うくらいです」

パレスチナ戦に先発フル出場した酒井高徳 確かにアギーレの身振り手振りは大きいし、その表情は日本人には怒っているように見えなくもない。だがドイツでのプレイが丸3年になる酒井にとって、動じるほどのことではない。

 2014年、酒井はシュツットガルトで苦しい時期を過ごした。途中加入した2011~2012年シーズンの後半戦、チームは酒井効果もあって快進撃を続けた。おかげで翌2012~2013年シーズンはヨーロッパリーグのプレイオフにも出場した。だが、岡崎慎司らが去った2013~2014年シーズンは最後まで残留争いに巻き込まれ、ギリギリの15位で残留。今季も17節を終えた時点で15位と振るわない。