2014.09.06

日本サッカー界にはアギーレより心配なことがある

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 スコアは0-2。内容もまったく良くなかった。とはいえ、アギーレジャパンはこの日が初戦。選手選考に関してアギーレは、Jリーグに足繁く通い、ビデオもよく見たと言いながら、一方で、スタッフの意見も取り入れたと言う。100%の確信を持って行なったわけではない。

 しかも相手はウルグアイ。「世界のベスト8、トップ10に入るチーム」(アギーレ)だ。その不出来を肯定するつもりはないが、想定内の出来事と言って何らおかしくない。しかし、その不出来を快く思っていない人が少なからずいることも事実。試合後の監督会見の質問を聞いていると、そうしたムードを感じる。

日本代表での初陣を飾れなかったアギーレ監督「新チームの門出となるW杯後に行なわれた初戦で、日本は過去2回、勝利を飾っていますが、今回は敗れました。そのことについてどう思うか?」という質問などは、その代表的な例だ。

「日本は昨年、ウルグアイに2-4で敗れています。就任3年目の監督が率いるチームが、です。わずか3日間のトレーニングで試合に臨んだ今回は0-2。でもウルグアイはウルグアイです」とは、アギーレの切り返しの言葉で、説得力を感じさせるのもこちらだった。

 日本代表の目標は4年後のロシアW杯だ。極論すれば、それまで行なわれる親善試合に全て敗れても、そこで好成績を収めれば何も問題ないわけだ。その可能性を感じるか、感じないか。平素の戦いを見るときに、目を凝らすべきはそこになる。