2013.10.27

福田正博「20年前のドーハは
『悲劇』じゃない」

  • 飯尾篤史●構成 text by Iio Atsushi photo by AFLO

悲劇の舞台裏で起きた
知られざる「真実」——福田正博

1993年10月、ハンス・オフト率いる日本代表は初のワールドカップ出場をかけて、アジア地区最終予選の開催地、カタール・ドーハに足を踏み入れた。同年5月に開幕したJリーグ人気も追い風となり、勢いに乗って最終予選に臨んだ日本代表の面々。しかしそんな中、ひとりの若きミッドフィルダーは自信を失いかけていた。福田正博、当時26歳——。オフトから絶大なる信頼を受けていた福田は、プレッシャーに苛(さいな)まれながらドーハ入りしていた。

イラク戦に途中出場し、同点ゴールを目の前で決められた福田正博 福田正博の右足には、今もあのときの感覚が残っている。

 アメリカW杯アジア地区最終予選、初戦のサウジアラビア戦(0−0)。前半20分に右足を振り抜き、インパクトしたときの心地いい感触が——。

「ラモスさん(瑠偉)がヘディングでフリックしたのを、ハーフボレーで捉(とら)えたんだ。押さえの利いたパーフェクトなシュートだったと、自分でも思う。余計な力が抜けていて、ジャストミートだったからすごく軽くて、打った瞬間、決まるんじゃないかという手応えがあったんだけど……」

 福田が放った会心の一撃は、しかし、のちに国際サッカー歴史統計連盟によって「20世紀のアジアナンバーワンGK」に選出される、若き日のモハメド・アル・デアイエに左手一本でキャッチされ、先制の絶好機を逃してしまう。

 もし、あのシュートが決まっていたら——。

「『たら』『れば』になってしまうけれど、最終予選の結果は違ったものになっていたかもしれない。少なくとも自分にとって、大きな分岐点になったのは間違いない。あれが入っていたら勢いに乗れて、失っていた自信も取り戻せたんじゃないかと思うから……」