2013.06.28

藤田俊哉×名波浩
「選手か、監督か。日本代表は何かをガラッと変えるべき」

  • 小室 功●構成 text by Komuro Isao


名波
 ブラジル戦の完敗から、いろいろな反省や課題をしっかりフィードバックして、イタリア戦では内容のある、ボリュームの厚いサッカーを、やっている人間も、外から見ている人間も求めていたと思う。そんな中、日本は最初からトップパフォーマンスでやっていって、そのままずっといき切って、フッと息が切れたときに、あのCKのシーンを迎えた。そういう意味では、やられるべくしてやられた感覚が、選手たちにはあるんじゃないかな。マークを見ていない、スペースを見ていない、ボールを見ていない。水を飲みにいっていた選手もいる……。まったく集中できていなかったからね。

 できればCKの前、開始から40分間の間に、少し冷静になれる時間を作るべきだっただろうね。立ち上がりや終了間際に気をつけるのは、子どものころからずっと言われているし、みんながわかっていること。それなのに、代表の選手でさえ、ああやって集中力を切らしてしまうわけだから。何にしても、ブラジル戦、イタリア戦でやられた、開始5分、残り5分の対策を考えることは、すごく重要なことだと思う。その時間帯に失点すると、ゲームプランを壊してしまうからね。

藤田
 イタリア戦は、世界の底力というか、世界を相手に勝つのは簡単じゃないな、と思い知らされた試合でもあった。イタリアは中2日で迎えた試合。そのコンディションを考慮して、多少抑え気味のサッカーになっていたわけで、日本としては、ボールを持たせてもらったと解釈したほうがいいゲーム。にもかかわらず、日本は負けてしまった。あんなに動けないイタリアが相手だったのに……。

「現状を打破するには
監督の交代も選択肢のひとつ」

――結局、続くメキシコ戦も負けて3戦全敗。この世界との差を埋めるには、どうしたらいいのでしょうか。W杯本大会までの残り1年、日本は何をすべきだと思いますか?

藤田 どうしたらいいんだろうねぇ……。自分は、ザッケローニ監督が率いる今の代表チームは、ある意味、完成形に近いと思っていた。そのチームのどこに伸びしろがあるのか、どう伸びていくのか、現時点ではうまく想像できないんだよね。

名波 それじゃ、話が終わっちゃうよ(笑)。W杯に向けて希望もなくなっちゃう。

藤田 いや、今の選手がベストだな、と思っているだけ。ただ彼らのためにも、もう少しいろいろな選手を試してほしい。それで、どんどん競争させて、チームに刺激を与えて、「あいつもいる」「こいつもいる」と、層が厚くなった状況で、最終的に今のメンバーになればいいな、と思っている。

名波 ザッケローニ監督のコメントの中で、「メンバーを大幅に代えると、チームのコンセプトや質が低下してしまう」というのがある。確かにその通りなんだけど、その原因を作っているのは、実は監督自身。この3年間、メンバーをほぼ固定してやってきたからでしょ。あまり試していない選手をパッと起用しても、さすがにいいパフォーマンスは発揮できないし、そういう起用の仕方では”組織”にはまる選手はなかなか出てこない。それでいて、監督は組織を重要視している。けど、試合に出ている選手たちの発言を聞くと、”個を高めること”を最重要視している。そこにも、問題があるよね。今後は、そのギャップもうまく埋めていく必要があるんじゃないかな。