2013.06.12

「消化不良」のイラク戦。コンフェデに向け残った大きすぎる不安

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 気圧(けお)されるとは、こういうことを言うのだろう。

 日本はイラクのロングボールという単純な、それでいて迫力のある攻撃をはね返すことができず、じわじわと後退していった。

 後手を踏む日本はロングボールに競り負け、セカンドボールを拾われて左右に展開されると、次々にサイドからの突破を許した。

後半終了間際に岡崎慎司のゴールで勝利はしたが、日本はイラク相手に苦戦 日本にとって、ワールドカップ予選最後の試合となったイラク戦。終わって見れば1-0の勝利である。しかし、内容的に見れば負けていても何ら不思議はなく、どう贔屓目(ひいきめ)に見ても引き分けが妥当な結果だ。

 それほど苦しい試合だった。

 思うようにパスがつながらず、まったく攻撃が組み立てられない。攻撃の起点となるべきセンターバックの今野泰幸が語る。

「後ろからビルドアップしてきれいに崩すことは、まったくできなかった」

 岡崎慎司の決勝ゴールがそうであったように、日本のチャンスのほとんどはカウンター。特に前半は香川真司が高い位置でボールを受け、少ない人数で攻め切るしかなかった。今野は「あそこ(香川)にボールが入ったときしかチャンスがなく、そこで何とか崩してくれという感じだった。前半は耐えるしかなかった」と振り返る。