2012.10.24

【名波浩の視点】ザックジャパンが世界で勝つために必要な『5箇条』

  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

ブラジルに0-4で敗れた日本。あらゆる面で違いを見せつけられた。 日本代表の欧州遠征は1勝1敗に終わった。

 初戦のフランス戦は、完全なるアウェーで、最悪のピッチ状態だった。そのため、日本の選手たちはおそらく自分たちのパスサッカーができないことを試合前から覚悟していたと思う。そして、実際に守備的なサッカーになった。その戦いぶりを見て「南アフリカW杯時代と変わらない」と言った人もいたけれども、それは違う。あのサンドニ(スタッド・ド・フランス)の荒れたピッチでプレイするのは、本当に苦労する。その感覚はやった者にしかわからないことで、どんな強豪国でも思いどおりにプレイさせてもらえない。2001年に日本が0-5で完敗した1カ月後、当時ルイ・コスタやフィーゴらタレント豊富なポルトガルでも0-4で敗れているのが、その証拠だろう。

 そうした状況の中で、日本はGK川島永嗣を中心によく凌いで、後半のチャンスを生かして結果を出した。それだけで、十分に成長を感じさせてくれた。

 そのフランス戦と違って、ブラジル戦では非常にピッチが良かった。ゆえに、日本らしいパスサッカーを展開できた。立ち上がりの入り方も申し分なかったと思う。しかしその分、前がかりになり過ぎて、ブラジルのカウンターの格好の餌食になってしまった。

 内容も決して悪くなかったが、ブラジルとは極端に違うことが多かった。その差が結果に表れたと思う。