2022.05.05

今年の巨人は本当に強いのか。山本昌が分析する好調の要因と「5月危機」の不安

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Koike Yoshihiro

 今季のセ・リーグは開幕から1カ月が経過し、2年ぶりの優勝を狙う巨人が首位を走る(今季の成績は5月4日時点、以下同)。12球団最速で20勝に到達し、貯金は最大11を記録。4月29日からの阪神戦から今季初の4連敗を喫したが、チーム成績を見ると得点と本塁打はリーグトップを記録している。ここまでの強さの理由と今後のポイントはどこにあるのか。解説者の山本昌氏に聞いた。

巨人の不動の1番として活躍する吉川尚輝巨人の不動の1番として活躍する吉川尚輝 この記事に関連する写真を見る

勢いをもたらした新戦力の台頭

 今年のセ・リーグは抜けたチームがなく、戦力的には"横一線"でスタートしたと思います。ジャイアンツの下馬評はそれほど高くなく、投手陣に不安がありました。それが4月の時点で最大貯金11を記録したのは、タイガースが開幕9連敗とつまずいたこともひとつの要因ですが、やっぱり新戦力が機能したことが大きい。

 去年はエリック・テームズが一軍初出場でアキレス腱を断裂、ジャスティン・スモークはコロナ禍で家族が来日できずに6月に退団。8月に入団したスコット・ハイネマンも9月末には体調不良で帰国しました。

 今年は一転、野手ではグレゴリー・ポランコとアダム・ウォーカーがスタメンに名を連ね、先発のマット・シューメイカーもいい。

 またルーキーの赤星優志は2勝を挙げ、2年目の山﨑伊織も4月28日のベイスターズ戦でプロ初勝利を飾りました。堀田賢慎は4月22日に登録抹消されましたが、ここまで新しい顔ぶれを使える原辰徳監督と桑田真澄投手チーフコーチはすごいですよ。彼ら若手ピッチャーが「やっぱり、まだ無理だったか......」となっていたとしたら、今の順位にはいないはずですからね。

 ジャイアンツのいいところは、ベテラン、中堅、若手が揃っていることです。坂本勇人という大黒柱がいて、開幕戦には左腹斜筋の負傷で出られなかったけれども3試合目から戻ってきて上位打線に座りました。4月30日の阪神戦で右膝の靭帯を損傷し、登録抹消となってしまいましたが......。

 岡本和真は主軸の自覚が出てきて、すでに2ケタ本塁打を記録。丸佳浩は去年4月後半に打率1割台の時もありましたが、今年はチーム2位の打点を記録するなど、ポイントゲッターとして活躍しています。