2022.04.12

五十嵐亮太と山本萩子がプロ野球の順位を予想。セは1位と6位が一致。パは佐々木朗希が覚醒したロッテが高評価

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • 栗山秀作●撮影 photo by Kuriyama Syusaku

web Sportiva×週プレNewsコラボ企画
五十嵐亮太×山本萩子 プロ野球対談

 2019年から『ワースポ×MLB』(NHK BS1)のキャスターを務める山本萩子さん。今年3月からは『週プレNews』で連載「6-4-3を待ちわびて」をスタートしたが、今回、五十嵐亮太氏を招いてプロ野球について語る『web Sportiva』とのコラボ対談が実現した。

 五十嵐氏といえば現役時代、ヤクルトやソフトバンク、MLBのニューヨーク・メッツなどでも観客を魅了した快速右腕。日米通算906登板、167ホールド・70セーブという成績を残して2020年に引退し、現在はスポーツコメンテーターや解説として活躍している。

 Sportivaでは、今年のプロ野球の注目選手、セ・パの順位予想について意見を交わした内容を紹介する!

今年のプロ野球について語った山本さん(左)と五十嵐氏今年のプロ野球について語った山本さん(左)と五十嵐氏 この記事に関連する写真を見る

期待の若手選手から、注目のベテラン選手まで

五十嵐 評論家になって2年目なんですけど、今年は初めてじっくりとキャンプに行くことができたんです。現役を引退して客観的に見ると、いろいろなことに気がつきますね。山本さんはキャンプに行ったりするんですか?

山本 ここ数年はコロナの影響で控えていますけど、それまではずっとヤクルトのキャンプに行っていました。沖縄・浦添だけじゃなくて、ファームの宮崎・西都にも行ったし、髙津(臣吾)さんが二軍監督を務めていた2019年にも西都を訪れましたね。

五十嵐 西都に行くのはすごいですよ。宮崎市街からはまぁまぁ離れているし、ガチのヤクルトファンなんですね(笑)。キャンプ、オープン戦を経た開幕直後って、「監督が代わったチームはどうなんだろう?」とか、「どんな若い選手が出てくるのか?」とか、いろいろ注目ポイントがありますよね。

山本 新監督が就任すると、チーム全体の空気が変わりますよね。日本ハムの新庄剛志ビッグボスも、その典型です。キャンプ中継で見ましたが、立浪和義新監督が就任した中日も、張り詰めた空気にガラッと変わった気がしました。