2022.03.13

なぜオリックス吉田正尚は異様に三振が少ないのか。ピカイチの打撃術と「同じようなスイングをしない」意識

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 産経新聞社

今季から背番号7を背負うオリックス・バファローズ、吉田正尚今季から背番号7を背負うオリックス・バファローズ、吉田正尚 この記事に関連する写真を見る

 3月25日に2022年シーズンが開幕するプロ野球。昨シーズンのパ・リーグは、オリックス・バファローズが25年ぶりに優勝を果たし、日本シリーズで東京ヤクルトスワローズと対峙した。そのチームを支えたのが2年連続首位打者に輝いた吉田正尚である。リーグ戦のみならず、東京五輪では金メダル獲得にも貢献し、「いろんな経験をした1年でした」と語る。今年もオリックスの主軸としての活躍が期待されるなか、新たに背番号7を背負い、どんな活躍を見せてくれるのだろうか──。

昨年リーグ優勝できた理由

「昨年は、パ・リーグで優勝して、日本シリーズの舞台に立てたことはとても大きかったですね。どの選手もそこを目標にしていますし、憧れでもあるので、その舞台で戦うことはすごく大きな経験になりました」

 オリックスにとっては、96年にイチローが活躍して優勝して以来、25年ぶりの戴冠になったわけだが、実は2019年(61勝75敗7分)、2020年(45勝68敗7分)は最下位に終わっていた。前年最下位から1年で巻き返しての優勝は史上9チーム目になる。優勝できたのはミラクルではなく、理由があるはずだが、吉田はどう見ていたのだろうか。

「僕らは2年連続の最下位でスタートしたのですが、特別なことはしていないんです。1試合1試合勝っていくなかで自信をつけ、逆に負けた試合はその都度、反省して次の試合に活かそう、その繰り返しでした。夏以降、特にチーム力が上がりましたが、それも接戦のなかで勝てたことで自信がつき、一体感が出てきて波に乗れた。もちろん運もあったと思いますが、どの試合も最後まで諦めないで戦えたことが最後に優勝につながったと思います」

 昨年春からチームの雰囲気が非常によかった。それは、ヒーローインタビューでも見てとれた。4月の西武戦、ラオウこと杉本裕太郎がサヨナラ安打を打ち、3連勝を果たした時、「今日もTさんの香水を借りました。Tさんありがとう!」とT-岡田の香水で打撃好調になったことを感謝し、「(T-岡田に)僕の香水をつけてあげました」と明かすと「ラオウありがとう!」とT-岡田も杉本の香水に感謝した。堅苦しいお立ち台ではなく、明るく、クスッと笑えるような非常にいいムードが漂っていた。

「先輩方が、そういうムードを作ってくれるので若手が伸び伸びとプレーできる。それも昨年、チームが好調だった要因のひとつかなと思います。自分は今年7年目になるので、そういう環境作りもしていかないと、という意識はあります。やっぱり連覇をしたいので」