2022.01.14

巨人の「背番号55」を受け継いだ男・秋広優人が目指すべき将来像は駒田徳広だ

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Koike Yoshihiro

 ちょうど昨年のいま頃、巨人の高卒ルーキーだった秋広優人が連日のように報道されていた。

 ドラフト5位指名とはいえ、2メートルを超す身長に、新人合同自主トレで豪快なスイングを披露するなど、これまでの日本人選手像にはないスケール感に、ファンはもちろん、原辰徳監督も大きな期待を寄せていた。

今季から55番を背負うことになった巨人・秋広優人今季から55番を背負うことになった巨人・秋広優人 この記事に関連する写真を見る  だが2年目の今季、その期待の若手についての報道をあまり見かけない。ここにきてようやく中田翔との自主トレーニングで、1日9合のごはんを食べる"食トレ"を敢行しているという記事を目にしたが、肝心の野球に関してはほとんど触れられていなかった。

 今季から松井秀喜氏が巨人時代に背負っていた「55番」を継承するなど、それだけでも期待の大きさがうかがえるが、なにより楽しみなのが選手としての成長である。

 秋広の最大の特長は、2メートルの長身にもかかわらず、軽快な身のこなしができて、バットを握れば投手の始動に合わせたタイミングの取り方もできる。さらにインパクトの瞬間では、頭とボールとの距離感が絶妙で、バットにうまく力を伝えられる。高校時代から非凡なバッティングセンスはキラキラしていた。

 とはいえ、昨年のプロ1年目は苦しんだ。キャンプ、オープン戦では一軍を経験したものの、開幕前に二軍落ち。結局、一軍はわずか1打席のみで、シーズンをほぼファームで過ごした。ファームでは82試合に出場して275打数63安打(打率.229)、8本塁打、26打点。本人にしてみれば「もっとできたはず」と思ったに違いない。

【土台づくりの1年を経て】

 昨年、秋広の実戦を見たのは、シーズン終盤の9月、イースタンでのDeNA戦だった。まもなくシーズンが終わるというタイミングで、どんなふうに雰囲気が変わってきたのか......楽しみはそこにあった。

 1番・梶谷隆幸、2番・重信慎之介、3番・廣岡大志と、トップから一軍クラスが並んだあとの4番に秋広が座っていた。

 ベンチには陽岱鋼も控える「準一軍」の雰囲気のなかで、物おじすることなく、長打こそなかったが、シングルヒット2本で3打点を挙げ、しっかり「4番の仕事」をやってのけて見せた。