2021.04.19

「中村奨成はもう終わったのか」の声を覆せるか。外野なら飯田哲也クラスの選手になれる

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Koike Yoshihiro

 広島・中村奨成が今季初めて一軍昇格を果たし、いきなり4月16日の中日戦で「2番・レフト」としてスタメンに名を連ねた。第3打席で鈴木博志から二塁打を放つなど、1安打2四球(出塁率.750)の活躍で期待に応えた。

 広陵高校(広島)から何度も中村のプレーを目の当たりにし、取材してきた者として「よかったなぁ」という祝福と同時に、新聞紙面の片隅に書かれていた"プロ初安打"という文字に、少なからず驚きがあった。

4月16日の中日戦でプロ初安打を記録した広島4年目の中村奨成4月16日の中日戦でプロ初安打を記録した広島4年目の中村奨成  あれだけ高い評価を受けてプロに進みながら、1、2年目は一軍昇格はなし。昨年もわずか4試合の出場にとどまった。「中村はもう終わったのか......」という声も少なからず聞こえてきた。それだけにプロ4年目にしてようやく放った"プロ初安打"に安堵したことは、容易に想像がつく。

 3月からウエスタンリーグの試合でセンターやレフトを守るなど、「外野手・中村」の気配は感じていた。181センチのスラリとした長身と、50mを6秒そこそこで走る俊足、そして甲子園で何度も披露した鉄砲肩......外野手に必要な要素を中村は兼ね備えており、それだけに驚きはなかった。

 ただ高校時代の中村は、捕手として輝いていた。3年夏の甲子園で個人最多本塁打記録となる1大会6本塁打をマーク。さらに、俊足・強肩の大型捕手として一躍脚光を浴びた。

 その当時、誰もが「捕手・中村」を絶賛するなか、少し違和感めいたものを感じていた。その理由は、中村から「根っからの捕手」という匂いを感じなかったからだ。

 本来は野手として優秀な選手を、チーム内に適役がいないという理由でマスクを被らせることがあるのだが、中村の場合もその雰囲気が漂っていた。

 現役選手でいえば、ソフトバンクの栗原陵矢もそうだ。春江工業高(福井)時代に俊足・強肩の捕手として高い評価を受けていたが、パッと見た感じ遊撃手がマスクを被っているようにしか見えなかった。根っからの捕手というよりも、どこかスマートで、捕手特有の泥臭さがなかったのだ