2021.04.01

青森の畳職人が都市対抗で一世一代の投球。変わり種サウスポーがプロの扉をこじ開けた

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sankei Visual

「なんで私がプロ野球選手に⁉︎」
第2回 中村渉・後編

前編はこちら>>

 プロ野球は弱肉強食の世界。幼少期から神童ともてはやされたエリートがひしめく厳しい競争社会だが、なかには「なぜ、この選手がプロの世界に入れたのか?」と不思議に思える、異色の経歴を辿った人物がいる。そんな野球人にスポットを当てる新連載「なんで、私がプロ野球選手に!?」。畳職人からプロ野球の世界に飛び込んだ中村渉(元・日本ハム)の後編をお届けする。

2004年の都市対抗準々決勝の東芝戦で完封勝利を挙げた中村渉氏「それくらいちゃんと捕れよ!」

「なんだと、この野郎!」

 シートノック中、先輩も後輩も関係なく胸ぐらをつかみ合う選手たち。チーム唯一の補強選手に選ばれた中村渉は、殺気立った練習のムードに戸惑いを隠せなかった。

 都市対抗東北二次予選での好投が認められた中村は、宮城県の企業チーム・JTの補強選手に選ばれた。JTは2004年、同年限りの廃部が決まっていた。

「練習からピリピリしていて、すげぇな、野球でここまで熱くなれるんだなって。最後の都市対抗にかける思いが伝わってきました」

 チーム合流当初は力みから本来の力を発揮できずにいた中村だが、大会直前にチームのキャプテンからこんな言葉をかけられる。

「補強選手だからって、チームのためとか関係なく、自分のために投げてくれればそれでいいからな」

 この言葉で、中村は「すごく楽になった」という。都市対抗では初戦の三菱重工名古屋戦でリリーフ登板し、3イニングを無失点に抑えて勝利に貢献している。

 2回戦の倉敷オーシャンズ戦を9対1と快勝して迎えた準々決勝、中村に先発登板という大役が回ってくる。相手の東芝は、その時点で都市対抗優勝5回(現在は7回)の名門だった。

 試合前夜に先発起用を告げられた中村は、不思議な感覚にとらわれたという。

「一瞬、ドキドキと胸が高鳴ったんですけど、焦ろうが落ち着こうが、どちらにせよ試合まで流れる時間は同じ。それなら焦って過ごすより、いつもどおり過ごしたほうがいいなと。その夜を平常心で過ごせて、翌朝はスッキリした状態で起きられました」