2021.03.23

宮本慎也が選ぶ現役最強サード。気になるのは「村上宗隆の起用法」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

──その岡本選手に続く「次点」の選手を挙げるとしたら?

「DeNAの宮﨑(敏郎)です。まず打撃面では、率も残せて一発もある。逆方向のライトに長打が打てるのも魅力ですね。守備面は、スローイングのモーションが少し大きい印象ですが、肩が強くハンドリングもいいので安心して見ていられます。

 宮崎とは、彼がプロ入りする前に所属していた社会人野球のセガサミーで会ったことがある......ようなんです。大学時代の先輩が監督をされていた時に、1、2日くらい自主トレで顔を出したことがあって、その時のメンバーにいたそうなんですよ。でも、彼がDeNAに入団した際には挨拶をしてくれた時も、申し訳ないですがピンと来ませんでした」

――当時は、そこまで印象に残る選手ではなかった、ということでしょうか。

「まだセカンドを守っていた2年目くらいに、バント処理でファーストにカバーに入った宮﨑が、ボールから目を切って投手からの送球を逸らしたことがありましたよね。それを見た時は、『プロで活躍するのは難しいかな』とも思いましたが、ゴールデングラブ賞を獲得するまでに成長した。自分に足りない部分を自覚し、突きつめてとことん努力した結果、球界を代表する選手になれたのでしょう」

──その他の候補としては、2年連続でゴールデングラブ賞に輝いた中日の高橋周平選手、パ・リーグではソフトバンクの松田宣浩選手などになるでしょうか。

「松田は年齢的にも全盛期ではないですし、(高橋)周平は打率こそ高いものの、長打が少ない(2020年シーズンは7本塁打)ですよね。個人的に、サードの選手は守備範囲が限定される分、長打が求められるポジションだと考えています。

 今の中日だと、石川(昂弥)のほうがイメージに近いかもしれません。僕も現役時代は長距離ヒッターではなかったので、サードにコンバートされた際には少なからず葛藤がありました。ヤクルトではそれまで、池山(隆寛)さんや岩村(明憲)などが担っていましたからね」