2020.12.03

今季No.1捕手を里崎智也が選ぶ。西武・森友哉の不調についても説いた

  • Photo by Sankei Visual

 2020年のプロ野球は、ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた。開幕が遅れ、交流戦やオールスターも中止になるなど異例の短縮シーズンとなったが、そんな中でもっとも輝いた捕手は誰なのか。現役時代に千葉ロッテマリーンズの正捕手として活躍し、現在はYouTubeチャンネル「Satozaki Channel」でのトークも好評の里崎智也が、独自の基準で今季のナンバーワン捕手を選んだ。

日本シリーズも戦った巨人の大城卓三(左)とソフトバンクの甲斐拓也(右)日本シリーズも戦った巨人の大城卓三(左)とソフトバンクの甲斐拓也(右) ――2020年シーズンのプロ野球が終わりましたが、両リーグ含めて、里崎さんから見た今季のナンバーワン捕手は誰になるでしょうか。

「名前を挙げる前にひとつ前置きさせてください。すでにいろんなところで言っているんですけど、僕が捕手を評価する基準は、『打つこと』と『勝つこと』。守備面がまったくダメでもいいわけではないですが、チーム防御率やリードなどは、そのチームの投手の能力による部分が大きいですから」

――以前、スポルティーバの記事でも話されていましたね。それではあらためて、"里崎基準"で選ぶとしたら?

「今季のナンバーワン捕手は巨人の大城(卓三)でしょう。炭谷(銀仁朗)が起用されることもありましたが、93試合に出場して打率.270、9本塁打、41打点は立派です。エース・菅野(智之)の13連勝にも大きく貢献して、チームをリーグ2連覇に導いた。ベストナインに選ばれてもおかしくないと思いますよ」

――セ・リーグで大城選手に続くとしたら?

「ケガでの離脱はありましたが、阪神の梅野(隆太郎:98試合、打率.262、7本塁打、29打点)か......中日の木下(拓哉)も頑張りましたね。中日はしばらく"打てる捕手"が出てきませんでしたが、木下は88試合に出場して、打率.267、6本塁打、32打点と結果を残しました。来季もこれを継続して、さらに飛躍できるかに注目です」