2020.11.04

巨人がもしもFAで山田哲人を獲ったら・・・
理想オーダーを組んでみた

  • 文/おくまん text by Okuman
  • photo by Sankei Visual

 2012年7月から約7年間、『月刊ジャイアンツ』(報知新聞社)で連載コラムを担当した芸人の「おくまん」。根っからの"G党"である彼が、リーグ連覇の喜びと共に、来季に向けてヤクルト・山田哲人のFA問題を語り尽くす!

***

今オフFAの目玉であるヤクルトの山田(右)。巨人の坂本(左)とは仲がいいことで知られるが...... 東京出身の僕は生まれてからずっとジャイアンツファンである。

 父親の影響で夕飯時にはナイターが必ずついていたし、小学生の頃はウォーレン・クロマティ選手が好きすぎて、文房具をはじめすべての持ち物に彼の背番号である49を書いていたりした。

 そして、芸人になった今でもジャイアンツ愛は衰えることなく、昨年は東京ドームを中心に40試合以上を現地で観戦。そんな僕が大好きな読売ジャイアンツが、10月30日に2年連続38度目のリーグ優勝を果たしました!

 今年は開幕13連勝の菅野智之投手や、新人王候補・戸郷翔征投手らを柱に、大江竜聖投手・高梨雄平投手ら新戦力の中継ぎ陣もフル回転して勝ち星を重ねていった。

 さらに、タイトルや記録の行方が気になる"サカオカマル(坂本勇人、岡本和真、丸佳浩)"はもちろんのこと、育成ドラフト出身の松原聖弥選手・増田大輝選手らが躍動し、ベテラン中島裕之選手の復活で厚みの増した攻撃陣。そして、チームメイトの活躍を喜ぶベンチ一丸の姿も麗しかった! これほどまですべてが噛み合っての優勝は久々のような気がする。

 そして、そして! 締めくくりは8年ぶりの日本シリーズ制覇しかないでしょう!!

 さて、突然ですが、僕は毎年この季節になると思うことがある。「人間の欲というものは無限なんだ」と。

 今年優勝したけど、来年も優勝してほしい。
 来年優勝したら、再来年も優勝してほしい。
 っていうか、もはや毎年優勝してほしい。

 これは僕のみならず、12球団のファンに共通する思いじゃないでしょうか。

 ジャイアンツには今まで以上に強いチーム作りをしてほしいし、盤石の体制で来季に臨んでほしい。そこで、今年も気になるのがFA市場です。