2020.09.05

門田博光が本気で探す後継者。
「王貞治を超えるバッターを育てたい」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Sankei Visual

ホームランに憑かれた男〜孤高の奇才・門田博光伝
第2回

前回の記事はこちら>>

 門田博光と話をしていると、しばしば野村克也が登場する。ある時、「ワシがまだ現役で、ぶきさん(穴吹義雄)が監督の時にな......」と言って、こんな思い出話を聞かせてくれたことがあった。

「西武球場での試合前や。ネット裏におっさん(野村克也)がひとりでおってな。なんか寂しそうにしとったから、しゃべりに行ったんや。『僕が現役を辞めて監督になったら、ヘッドコーチでどうですか?』と。『優勝したら1億で』って続けたら、ニヤーっとしとったわ。まだ評論家の時で、ヤクルトの監督になる前やったけど、あの人にそんなこと言うのオレぐらいやろ。

 あの時、どう思うとったんやろうな。『やっぱり、コイツはおもろいこと言いよる』と思ったのか、『コーチで誘われるなんて屈辱や』と思ったのか......。まあ、どっちでもええんやけどな」

現役時代、ホームランを打つことにこだわり続けた門田博光 野村ヘッドはともかく、当時の雰囲気では"門田監督"は十分に現実的な話だった。しかしそのプランは、南海ホークスの消滅とともに消え、監督どころか、臨時コーチでさえ、どの球団からも声がかかることはなかった。

「ごんたくれやったからな。監督にしろ、オーナー連中にしろ、オレを使いこなせる上司がおらんかったということやろ。そこに巡り合わなかったことがすべて。そういう宿命やったということや」

 そう自らを納得させるようにつぶやく門田と最近のプロ野球について話していると、よくこんなセリフを耳にする。

「なんであいつがバッティングコーチなんかやっとるんや?」

 門田の知る範囲での現役時代の力量、実績、打者としてのイメージ......「なぜ?」は門田にとって素朴な疑問だった。

 名前が挙がった人物について、その都度コーチとしての実績や打撃指導の持ち味、さらには監督とのつながりなど、こちらの知る限りを伝えると、大抵はつまらなさそうな反応を見せる。