2020.09.01

山本昌が選ぶ侍ジャパン最強メンバー。
絶対に外せない投打の軸は?

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • photo by Koike Yoshihiro

山本昌が読者の質問に答える! 後編

「山本昌氏に聞きたいことは?」とスポルティーバのツイッターで募ったところ、多くの質問が寄せられた。前編では対戦したなかで印象に残っている打者やドラゴンズ復活の条件について語ってもらったが、後編では日本代表の監督になったら誰を選ぶのかや、データ野球についてどう思うかといった質問が寄せられ、たっぷり語ってもらった。

「山本昌が対戦したくなかった打者は?」の前編はこちら>>

新フォームで挑んだ今季、開幕から9連勝と絶好調の巨人・菅野智之── 後編最初の質問は、大阪府「ぷーやん」さんの質問です。もし侍ジャパンの監督になったら、どんなメンバーを選びますか。

山本昌 代表となると、その時の調子も踏まえて選ぶことになりますので、あくまで暫定的なメンバーになります。

── では、まずは投手からお願いします。先発3本柱はどうなりますか。

山本昌 先発はストレートに力があり、試合をつくれる選手を選びたいです。そう考えると、必然的に菅野智之(巨人)を軸に計算していくことになります。崩れるイメージが湧かない。千賀滉大(ソフトバンク)は外国人のバッターから三振が取れるイメージある。力勝負できるピッチャーですよね。あと左をひとりは入れておきたいので、大野雄大(中日)を選出します。大野のストレートも力があって、外国人相手にも十分通用すると思います。左の強打者が多いチームに大野をぶつけたいですね。先発はこの3人を中心に回していくことになります。

── リリーフに関してはどうですか。

山本昌 若手だと山本由伸(オリックス)がすばらしい。三振が取れる投手なので、彼はあえてクローザーで使いたいですよね。中継ぎでは、アンダーハンドの高橋礼(ソフトバンク)を入れておきたい。国際試合では彼のような変則投手は絶対に必要だと思いますし、ロングリリーフもできる。必ず戦力になってくれるはずです。あとは経験豊富な森唯斗(ソフトバンク)も頼りになると思います。左では、最近少し調子を落としていますが、福敬登(ふく・ひろと/中日)もボールに力があって、右打者も苦にしないから使い勝手がいい。あとはオリックスの田嶋大樹もほしいですね。彼のスライダーは慣れるまで時間がかかる。短期決戦では大いに力を発揮してくれそうです。