2020.08.14

心技体が崩れていった多和田真三郎。
類まれなる才能を持つ18番の復活に期待

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

◆「能力は超一流...12球団の『もったいない選手』たち」の記事はこちら>>>

 16勝を挙げて最多勝に輝いた2018年より、2019年に刻んだ「1勝」の記憶が鮮明に残っている。

 2019年4月12日、本拠地メットライフドームでオリックス戦に先発した多和田真三郎(西武)は7回一死までパーフェクトピッチング。相手先発の山岡泰輔とスコアボードにゼロを並べる投手戦を繰り広げるなか、9回を投げ切り被安打2で無失点に抑えた。すると9回裏に味方打線が1点を奪い、劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

2019年は開幕投手も務めた多和田真三郎「もっと気持ちの入った投球を見せていかないといけないなとずっと思っていたので、今日はそれができてよかったと思います」

 菊池雄星がシアトル・マリナーズに移籍した2019年、多和田は自身初の開幕投手に抜擢された。ところが2戦目まで「相手に向かっていく気持ちが足りない」というふがいない投球を続け、迎えた3戦目、ようやくエースが期待に応えた。

 これで波に乗っていくかと思われたが、好投しても打線の援護に恵まれず、ピンチで踏ん張り切れずに崩れる。白星に恵まれない日々を過ごすうち、徐々に状態を悪化させていった。

 当時、誰も予想しなかっただろう。前年の最多勝投手が翌年、わずか1勝に終わることを。この1勝を最後に、長らく勝利の女神から見放されることを----。

 多和田が自律神経失調症を患っていると発表されたのは、2019年12月23日だった。同時に西武は、彼を契約保留選手にすることを明かしている。

 一般企業なら自律神経失調症を患った社員に対し、一定の時間をかけて社会復帰を支援するという選択もできるだろう。

 ただしプロ野球選手は個人事業主であり、基本的に1年契約が繰り返されるなか、球団には抱えられる選手数の枠もある。諸々の事情を踏まえ、球団はどんな選択をするのか。翌年1月、囲み取材で渡辺久信GMに問う機会があった。

「チームの一員としてやっていけると判断すれば、契約はする。ただ、契約のために焦らせてもしょうがない。これは彼の状況次第。チームとして動いている以上、これまでの経緯を我々は知っているので、そのあたりがクリアにならないとなかなか契約はできない」