2020.08.13

鷲見玲奈×斉藤和巳のプロ野球対談。
セ・リーグは「巨人包囲網」が必要!?

  • 石塚隆●取材 text by Ishizuka Takashi
  • 猪岐沙矢佳●写真 photo by Inomata Sayaka

鷲見玲奈連載:『Talk Garden』 第1回

第2回はこちら>>

局アナ時代に、スポーツ番組に携わっていた鷲見玲奈さんによる「対談企画」がスタート! 記念すべき第1回目のゲストは、スポルティーバの野球解説でもおなじみの斉藤和巳さん。鷲見さんのMCで、斉藤さんには序盤戦を終えたプロ野球を振り返ってもらいつつ、今後の展望についても語ってもらった。まずは、セ・リーグ(パ・リーグは第2回)から。

序盤戦を終えたプロ野球・セリーグについて語ったふたり鷲見 3カ月遅れて開幕したプロ野球も約3分の1の日程が終了しました。まず斉藤さんにはセ・リーグについてお聞きしたいのですが、私の印象だとやっぱり巨人が安定しているなと。順調に勝ち星を重ねている要因はどこだと思いますか。

斉藤 開幕前の予想以上にピッチャーがしっかりしていますよね。あとは原(辰徳)監督の采配。打線はさほどよくないにも関わらず、原監督は若い選手を積極的に起用し、ベテランを休ませるときは休ませる。そのあたりは経験値というか、うまくチームを回している印象はあります。

鷲見 今季は変則日程の特別なシーズンだけに、やはり経験豊富な原監督の手腕が光ると。

斉藤 ええ。準備も含め、引き出しの多さが見えますし、継投や代打、代走など常に先手を打っている感じですよね。

鷲見 なるほど。ピッチャーがしっかりしているとおっしゃいましたが、その中心にいるのが菅野智之投手。

斉藤 昨年は調子が上がらなかったけど、やっぱり菅野が中心にどっしりと構えているのは大きいし、戸郷(翔征)など若い投手が変なプレッシャーを感じず投げることができていると思います。

鷲見 菅野投手も昨年のことがあるので、今季は不安だったんじゃないですか。

斉藤 あれだけの選手であっても、開幕するまでは不安なものです。ただ彼の場合、昨年はケガでしたし、そこさえクリアできればやれる自信はあったと思いますよ。今季は幸い体調もよさそうですし、僕は日本で一番いいピッチャーだと思っているので、別に驚きはないですね。