2020.08.13

鷲見玲奈&斉藤和巳も楽天を上位予想。
優勝へカギを握る選手とは?

  • 石塚隆●取材 text by Ishizuka Takashi
  • 猪岐沙矢佳●写真 photo by Inomata Sayaka

鷲見玲奈連載:『Talk Garden』第2回

第1回はこちら>>

局アナ時代に、スポーツ番組に携わっていた鷲見玲奈さんによる対談企画がスタート! 第2回目は、前回から引き続き、斎藤和巳さんとのプロ野球対談。今回のテーマは、パ・リーグ。前回のセ・リーグと同じく、序盤戦を振り返ってもらいつつ、今後の展望について語ってもらった。

序盤戦を終えたプロ野球のパ・リーグについて語りあった鷲見 セ・リーグにつづき、パ・リーグですけど、斉藤さんの古巣であるソフトバンクが、相変わらず安定した戦いをしています。

斉藤 安定かなあ......?(笑)。まあ、ようやくリリーフ陣が固まってきて、2020年型の勝ちパターンができあがりつつありますね。ホークスというチームは、基本的に先手必勝なんですよ。

鷲見 どういうことですか?

斉藤 6回までにある程度試合の流れをつくって、7回以降はリリーフで逃げ切る。

鷲見 ようやくその戦いができるようになって、チームも機能し始めたと。

斉藤 はい。ただ、あとは打線ですよね。まだうまくつながっていない。

鷲見 ヤクルトから移籍し、期待されていたバレンティン選手は調子が上がらず、苦しんでいます。

斉藤 じつは、バレンティンに関してはある程度予想ができたことでもあるんですよね。

鷲見 それはやっぱりセ・リーグとパ・リーグの投手力の違いですか?

斉藤 そうですね。パ・リーグの投手はセ・リーグに比べると、インコースにバンバンと攻めてくるんです。バレンティンの様子を見ていると、それをすごく嫌がっている。相手チームからすれば、インコースを過剰に反応してくれるだけでもOK。だから、シーズン前からバレンティンは苦しむだろうなという感じはしていました。