2020.07.30

掛布、バースらが揃う阪神ベストナイン。
八重樫幸雄が悩んだのは遊撃と外野

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「オープン球話」連載第26回 

清原の扱いで迷った西武ベストナイン>>

【村山、江夏、田淵、掛布……、阪神歴代ベストナインは誰だ?】

――さて、今回も引き続き、八重樫さんが選ぶ「球団別歴代ベストナイン」を伺いたいと思います。第3回は阪神タイガース編です。ではさっそく、投手からお願いいたします!

八重樫 以前、全球団の中から選ぶ歴代ベストナインでも話したけど、僕にとっての「オールタイムベストワンピッチャー」は、阪神時代の江夏豊さん。だから、今回も当然、江夏さんは外せないよね。これはまったく悩まずに一瞬で決まりました(笑)。

 以前も言ったけど、阪神時代の江夏さんは手も足も出ない存在でした。コントロールが抜群で、本当に狙ったところにしか投げない。キレのあるストレートもすごかった。あの頃の江夏さんは、すべてにおいて完璧なピッチャーだったよ。

掛布、バース、岡田ら日本一になったメンバーたち photo by Sankei Visual――江夏さん以外の投手で、ベストナイン候補は誰か他にいますか?

八重樫 実績でいえば村山実さんなんでしょうね。でも、僕はそんなにきちんと見ていないんです。僕はせいぜい、村山さんの晩年の2年程度しか見ていないので、どうしても江夏さんのインパクトにはかなわないんですよ。他には80年代の小林繁もいいピッチャーでした。現代では藤浪晋太郎もエース候補だよね。いろいろ悩んでいるようだけど、素材が天下一品なのは間違いないから、ひと皮むけてほしいところです。

――では、キャッチャーは誰になるでしょうか?

八重樫 江夏さんとバッテリーを組んでいた田淵幸一さんが頭に浮かんだんだけど、ここは現阪神の監督の矢野燿大かな? というのも、田淵さんは確かにバッティングはすごかったけど、「守り」という面で考えると、ちょっと難しいかなって。

 それ以外に辻佳紀さん、辻恭彦さんの「辻コンビ」とか、80年代の若菜嘉晴とか木戸克彦とか浮かんだけど……。トータルで考えると、中日からの移籍組ではあるけど、「矢野かな?」って考えたんだよね。1985年の日本一メンバーとして木戸も挙げたいところだけど、彼はスローイングに難があったんで、今回は矢野にしました。