2020.07.29

真中満「僕にはできない」。ヤクルト高津監督の采配に「すごく攻撃的」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

ヤクルト・勝利の女神「Passion」の美女フォトギャラリーはこちら>>

 今シーズン、多くの野球解説者が東京ヤクルトスワローズを最下位と予想した。その中で元ヤクルト監督の真中満氏は、Aクラスの3位予想。ヤクルトはここまでセ・リーグ首位争いを演じる戦いぶりを見せている。前回の記事でチームが好調の要因について語った真中氏が、今回は就任1年目の高津臣吾監督の指揮官ぶりについて解説する。

今シーズンからヤクルトで指揮を執る高津臣吾監督(写真手前) 
 真中氏と高津監督は2014年から3年間、ヤクルト首脳陣として歓喜と苦悩の時間を共にした。15年には真中監督、高津投手コーチの下、チームは14年ぶりのリーグ優勝を果たした。前年最下位からの優勝は39年ぶりの快挙だった。

 まず真中氏は、今季の高津監督の采配について、「迷いがなく、切り替えが早いです」との印象を述べた。

「主力の山田哲人(※)を2番で起用したり、これまで登板の少なかった投手を使ったり、僕がイメージしていたとおり、思い切った采配をしています。(14年から)ヤクルトで1軍コーチや2軍監督を経験しているので、選手の個々の能力や適性を本当に理解しているように感じます。去年まで2軍で見ていた選手も含めて、よいところを引き出していますね」
※山田は7月27日に1軍出場選手登録抹消

 さて、ヤクルトは投手陣再建がここ何年もの課題。投手出身の高津監督にはその期待が大きく寄せられている。