2020.06.18

八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。
あの決勝戦での好リードが決め手

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――続いて、東京都の「ヒロシ」さんからの質問です。「現役選手の中で、リードも含めて総合的にスゴイと思う選手は誰ですか?」とのことですが......。

八重樫 現役では、広島の會澤翼はいいキャッチャーだなと思いますね。

昨年のプレミア12を戦った(左から)會澤翼、小林誠司、村田善則コーチ、甲斐拓也 photo by Kyodo News昨年のプレミア12を戦った(左から)會澤翼、小林誠司、村田善則コーチ、甲斐拓也 photo by Kyodo News ――ぜひ、その理由を教えてください!

八重樫 去年のプレミア12だったかな。侍ジャパンでのリードを見ていて、「いいリードをしているな」と思ったんだよね。シーズン中はオーソドックスな配球が印象的だったのに対して、データがあるのかどうかはわからないけど、セオリーどおりではなく相手打者の様子を見ながら、丁寧なリードをしている印象があったんだよ。

――具体的に印象に残っているシーンはありますか?

八重樫 決勝の韓国戦です。先発の山口俊(当時巨人)がピリッとしなかった試合。韓国打線は山口対策がバッチリで完全に狙い打ちされていた。で、稲葉(篤紀)監督がアッサリ見切って継投策をとったんですが、會澤は二番手以降の投手との呼吸がバッチリだったよね。

――山田哲人選手の逆転スリーランもあって、侍ジャパンが優勝した試合ですね。この試合は先発・山口のあと、高橋礼(ソフトバンク)、田口麗斗(巨人)、中川皓太(巨人)、甲斐野央(ソフトバンク)、山本由伸(オリックス)、山﨑康晃(DeNA)と7投手の継投でしたが、すべて會澤がリードしていますね。

八重樫 それぞれの投手の持ち味を上手に引き出していましたね。特に8回表の山本とのコンビは最高でした。長打を打たれないように、相手打者の苦手なコースを執拗に攻めていた。接戦のゲームだと、どうしても無難なリードになりがちなんだけど、山本のストレートを信じた大胆なリードが効果的でしたね。初回に打たれた経験、失敗が試合中にきちんと整理されていたんだと思います。