2020.06.16

ソフトバンク、西武の2強に待った!
戦力充実、試合巧者の楽天が優勝圏内に

  • 佐々木亨、スポルティーバ●文 text by Sasaki Toru、Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

2020年パ・リーグ順位予想 

セ・リーグの順位予想はこちら>>

 いよいよ6月19日、プロ野球が開幕する。通常よりも24試合少ない120試合制、過密スケジュール、そしてパ・リーグは同一カード6連戦など、例年とは違う戦いを強いられる。そんななか4連続日本一を目指すソフトバンク、リーグ3連覇を狙う西武を筆頭に、今年も混戦が予想されるパ・リーグ。解説者7人に今シーズンのパ・リーグを予想してもらった。

昨年パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高◎森繁和氏

1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 楽天
4位 オリックス
5位 ロッテ
6位 日本ハム

 パ・リーグはどう見てもソフトバンクが抜けています。毎年のように若い選手が出てくるし、戦力に余裕を感じます。昨年は最終的に西武打線にやられたわけだけど、今年は投手力がないと勝てない気がしています。そういう意味で、今年はソフトバンクが押し切るんじゃないかと思います。

 西武は、昨年同様の攻撃力を発揮できればという条件付きで2位にしました。先程も言いましたが、今年は投手力のあるチームが有利になると思っています。西武はいくら打線がよくても、投手陣がへばったら試合にならない。とりあえず2位にしましたが、状況次第ではBクラスも十分に考えられます。

 投手力ということでは、楽天、オリックスは面白いと思います。楽天は涌井秀章、牧田和久が加わり、層が厚くなった。オリックスも山岡泰輔、山本由伸とイキのいい投手がいるし、リリーフ陣は経験豊富なピッチャーが揃っています。勝ちゲームをしっかりものにできれば、面白い存在になるでしょうね。

 ロッテと日本ハムは、計算できる投手が少ない気がします。日本ハムは昨年最多勝の有原航平がいますが、2番手以降をどうするのか。ロッテは先発の頭数は揃っていますが、リリーフに不安がある。益田直也もずっと投げているので、勤続疲労が心配です。ともに、ケガ人が出た時に対応できるだけの戦力があるのかを考えると、現状では厳しいかなと。それでこの順位にさせていただきました。