2020.04.21

「あれ以上の感動を与えるのは無理」
山本和範が奇跡の一発で引退を決意

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの一打」
第2回 近鉄・山本和範
プロ最終打席の決勝本塁打(1999年)

 福岡は言わずもがな、ホークスの街である。本拠地は9割方、もしくはそれ以上が地元びいきのファンで占められる試合も珍しくない。

 なのに、ホークスの本拠地で観客が総立ちになって、ビジター側の選手に大歓声を送り、感激の涙を流す名場面があった。福岡でそんな出来事が起きたのは、あの一度きりではないだろうか。

試合後、花束を手に球場を一周する山本和範 1999年9月30日、ダイエー対近鉄。
※のちにダイエーはソフトバンクに買収され、近鉄はオリックスと合併

 この頃の福岡の街は特別な熱気に包まれていた。5日前に同じ福岡ドームで、ダイエーが福岡移転後初、ホークスとしては26年ぶりのリーグ優勝を飾ったばかりだったからだ。ファンの喜びようは、現在とは比べものにならないほど凄まじかった。

 そんななかで迎えたこの試合は、ダイエーのシーズン本拠地最終戦だった。リーグ優勝したチームがそのまま日本シリーズに進んでいた頃は、本拠地最終戦はペナント授与のセレモニーが行なわれたり、選手の場内一周があったり、チケットがプラチナ化するのが通例だった。だからこの日も消化試合にもかかわらず、スタンドは超満員のファンで埋め尽くされていた。

 ダイエーが工藤公康、近鉄が前川克彦(翌年から登録名を勝彦に変更)の両先発で始まった。

 1回裏にダイエーがニエベスのタイムリーなどで先制し序盤で3点を奪う。一旦追いつかれるも、6回裏に途中出場の村松有人がタイムリーを放って4対3と勝ち越した。