2020.04.06

中村奨成が鈴木誠也のゲキに危機感
「そんなことやっていると消えてしまう」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Koike Yoshihiro

 このメディアを通して発信した鈴木の言葉は、中村の胸に刺さった。

「危機感を感じている。誠也さんの記事を読んで、僕もやらないとやばいという気になった。新人捕手もふたり入りましたし、さらに負けられない思いが強くなった」

 オフに広島市内のジムに通い続けたのも自己改革のひとつだった。捕手ながらスピードを持ち味とするプレースタイルを自負することから、これまでは負荷の大きいウエイトトレーニングにあまり積極的ではなかった。だが、今年から一軍担当となった倉義和バッテリーコーチからの進言もあり、土台づくりと捉えて、筋力強化に努めた。

 まずは二軍で正捕手の座をつかまなければいけない。現状、二軍の正捕手は石原貴規で、ケガから復帰した磯村嘉孝もいる。1歳上の坂倉は一軍で2番手捕手としての経験を積んでおり、初の一軍昇格までに越えなければいけない壁は少なくない。

「僕からすると(同世代のライバルの存在は)すごくありがたい。いないよりはいたほうがいい。それがやっぱり上のレベルにいっている人なら、なおさら。自分も学べることがあるので、成長のプラスになる」

 群雄割拠の広島捕手争いで、中村の特長は強肩とパンチ力のある打撃だろう。

「肩で(プロに)入ってきているで、そこは誰にも負けないという気持ちでやりたい。昨年までは守備だけに集中しないといけなかったけど、今年は守備だけでなく、打撃も両立させてレベルアップしていきたい」

 課題をつぶして武器を磨く。すべては自己改革から始まる。

 そして、自己改革の先に、野球人生の転機が待っているに違いない。

関連記事