2020.01.16

やる気スイッチオン。山田哲人は
高2でドラフト中継を見て別人になった

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Koike Yoshihiro

あの時もキミはすごかった~ヤクルト・山田哲人編

 昨年末、山田哲人(ヤクルト)は球団史上最高額となる5億円で契約更改した。入団10年目以内での5億円到達は、高卒入団の野手ではイチロー、松井秀喜に次ぎ史上3人目となる。

 これまで山田の活躍には何度も驚かされてきたが、ニュースに触れるたびに「まさか、あの選手が......」の思いは消えない。

 2010年のドラフトで"外れ外れ1位"ではあったが、山田は高い評価を受けてプロ入りした。しかし、高校入学時から見ていた者とすれば、ドラフトで1位指名を受けたこと自体が驚きだった。

昨年のプレミア12でも侍ジャパンの主力として活躍した山田哲人 ドラフト1位でプロに進むような選手は、小学生や中学生の頃から飛び抜けた活躍をし、多少の尾ひれがつきながらもさまざまな"伝説"を残しているもの。しかし、山田にはそうした類(たぐい)の話が一切ない。

 以前、少年野球のチーム関係者に話を聞いた時も「こんなことになるとはだれも思っていなかった」「過去にもっとすごい選手がいました」といった話はあったが、「絶対にプロに行くと思っていました」という声は皆無だった。

 履正社に進んでからもそうだった。高校3年の最後の夏を控えたある時、大阪の私学の監督と山田の話題になった。すると、その監督はこう切り出した。

「去年、ウチも履正社と試合をしているんですよ。でも、正直、山田に関してはほとんど印象がなくてねぇ。ドラフト上位候補と騒がれるような選手は覚えているはずなのに、ほんと記憶らしい記憶がないんです」

 山田自身も、自らの少年時代をこう回想していた。

「小学生や中学生の時は、(自分の力が)そこそこ上のレベルにあるとは思っていましたが、プロに行けるなんて思わなかったですし、どこかの高校でレギュラーを獲って、甲子園に行けたらいいなと思う程度で......。それに中学の頃は友達と遊ぶほうが楽しくて、野球を辞めようとかと真剣に思ったことがありました。でも、お父さんの期待も感じていたし、辞めたら悪いなと思って続けましたが、野球が特別好きという感じではなかったです」