2019.10.25

巨人の若手5人がソフトバンクの
強さに脱帽。惨敗から何を学んだのか

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 日本シリーズは、福岡ソフトバンクホークスが読売ジャイアンツに4連勝と圧倒し、3連覇を達成した。試合後、巨人を率いる原辰徳監督は、次のようにコメントした。

「最後の最後まで粘り強く戦ったけど、ソフトバンクの勢いをなかなか止めることができなかった。勢いももちろんだけど、かなり高い壁はある。我々も、積み上げていかなきゃいけないものはある」

 原監督が言うように、力の差をまざまざと見せつけられたシリーズだった。実際、グラウンドで戦っている巨人の選手たちも感じたに違いない。

高卒1年目の戸郷翔征(写真中央)にとって日本シリーズはほろ苦いものになった 第1戦、第3戦で好機に代打として出場するも、ともに三振に打ち取られた重信慎之介は、悔しさをかみ殺すように振り返った。

「ソフトバンクの投手は、球が速いのはもちろんですが、強さもあって、しっかり振り切らないとヒットにならない。あらためて自分の技術力のなさを痛感しました。そういう投手を打たないとチームの力になれないと思うので、もっと体力的にも技術的にも力をつけて、いつかこの舞台でやり返せるように練習に励んでいきたいと思います」

 それでも第4戦、再び代打で登場した重信は、ソフトバンクのセットアッパー・甲斐野央からピッチャー強襲の内野安打を放ち、一矢報いた。

「スピードに負けないように、そこを意識して打席に入りました。日本シリーズは僕にとって初めての経験で、今後、この経験をどう生かしていくのかも経験がないので、正直わかりません。ただ、この舞台を経験できたことは野球人生において必ずプラスになるはず。この経験をどう生かすかはこれからにかかってくると思うので、とにかく今回の悔しさを忘れずにいたいです」

 重信と同様に、この日本シリーズで悔しい思いをしたのが山本泰寛だ。第2戦、第4戦でエラーを犯し、いずれも失点につながってしまった。

「自分のなかでまだ消化しきれていない部分があります……このミスをこれからのプレーで挽回できるように、もう一度自分を見直して、来年『変わったな』と思われるようにやっていきたい」

 そう言葉を絞り出すように語った山本だったが、「このままでは終われない」という気持ちはヒシヒシと伝わってきた。すぐに宮崎に飛んで、フェニックスリーグに参加するという。