2019.04.12

育成時代から千賀滉大を最も知る男が語る
「161キロのメカニズム」

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 開幕戦、1回表の初球が161キロのストレート。続く2球目も161キロ――4万人の観衆を飲み込んだヤフオクドームにとどろいたのは、大歓声よりも驚嘆のどよめきだった。

 3月29日、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大がついに大台を突破した。2年連続で務めた栄光の開幕マウンドで”のっけから”快投を見せつけると、白星はつかなかったものの6回無失点と結果を残した。

 ただ、千賀には「真のエース」を期待するからこそ、周囲は手厳しい。投球回への不満の声は、当然本人の耳にも入っていた。すると、2度目の先発となった4月5日のロッテ戦では、3失点するも9回を投げ切った(試合は延長戦)。また、この試合でも160キロをマークした。

 じつは開幕戦の登板前に「千賀は160キロを超えますよ」と”予告”していた人物がいる。千賀がまだ背番号128だった頃から師事しているアスリート・コンサルタントの鴻江寿治(こうのえ・ひさお)氏だ。「鴻江スポーツアカデミー」の代表を務め、毎年1月にはプロ選手向けのトレーニング合宿を主宰。その合宿に、千賀はプロ1年目から毎年欠かさず参加している。千賀を最も知る鴻江氏に、今シーズンのピッチングについて聞いてみた。

今シーズンの開幕戦で自己最速の161キロをマークした千賀滉大―― なぜ、千賀投手が160キロを超すとわかったのでしょうか。

「1月の合宿はフォームづくりがメインですので、捕手を座らせてピッチングを行なってもらいます。毎年彼を見ていますが、今年はとくに仕上がっていました。去年も悪くはなかったのですが、今年は格段によく見えました。

 簡単に言えば、体に合った使い方をする。すなわち、投手ですから投手の投げ方をする。そのように正しい動作のなかでピッチングをすることで、おのずと筋肉の質はよくなるのです。間違った形で投げてしまえば、ある箇所に負荷をかけることになるので、それは鍛えているのではなく消耗です。千賀投手は自身が”あし体”であることを理解し、それに沿った投げ方をしています。投げていくことが体の強化、最高のトレーニングにもつながっているのです。

 1月にしっかりと、その土台はできていました。2月のキャンプに入ると、投げ込む回数は増えます。つまり、体を熟成させる期間です。それを踏まえた上で3月のオープン戦を見ていたら、やはりスピードが上がっていました。

 最初の登板(3月2日の阪神戦)でそれまでの自己最速となる158キロをマーク。3月22日の広島戦では159キロまで達していました。だから、シーズンに入れば160キロを出すのは間違いないと思っていました」