2019.01.08

DeNA宮崎敏郎の後継者となるか。
伊藤裕季也の打撃は卓越している

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

「さすが大学生!」というより、プロ野球のチームの4番を張っている外国人選手の大砲のように見えた。「これでどうだ」とばかりに振り抜いた打球は、バックスクリーン方向に一直線に伸びていった。

 昨年8月、神宮球場で行なわれた侍ジャパン壮行試合「高校日本代表×大学日本代表」の試合でのことだ。

 大学日本代表が6-2とリードした7回裏、一死ランナーなしから打席に入った立正大の伊藤裕季也(DeNA2位指名)が、大阪桐蔭のエース柿木蓮(日本ハム5位指名)の145キロのストレートを完璧にとらえて見せた。

ドラフト2位でDeNAに入団した伊藤裕季也(写真中央) 驚いたのはそのあとだ。打球を見ながらゆっくりと走る伊藤の足どりが、三塁ベースを過ぎたあたりからはっきりと変わった。明らかに足を引きずっている。聞くところによると、数日前に自打球が足を直撃し、歩くのも難しい状態だったそうだ。その気迫にまず頭が下がったし、下半身が使えないのにあの打球を飛ばせる技術に驚かされた。

 そうした志の高さは、日大三高時代から変わらない。

「裕季也さんは、高校の頃から『絶対にプロに行くんだ』と、いつも口に出して言っていました。普通は、どれだけすごい選手でも、なかなか言えることではないと思うんです。それに裕季也さんは2年の冬にネズミ(ヒジの軟骨剥離)の手術をして、春までノースローだったんです。そんな状況だったのに、恥ずかしがらず『プロに行く』と言いきっていました」

 そう語ってくれたのは、日大三高で伊藤の1学年後輩の田口康輔(現・桜美林大)。伊藤とは寮で同室だった。

「あの頃から飛ばす力はすごかった。チームでも断トツでした。僕の1学年下に、いま広島でプレーしている坂倉将吾がいたんですが、アイツも飛ばすことにかけては群を抜いていましたが、裕季也さんの飛距離は間違いなく坂倉以上でした」

 高校を卒業して立正大に進むも、3年春まで東都大学リーグの2部だった。2年春から一塁手のレギュラーとして中軸を任せられたが、あまり目立った存在ではなかった。それでも2年春から3年春までの3シーズンで打率3割6分4厘とコンスタントに好成績を挙げてきた。