2018.06.09

広島ジョンソンの悲劇「バラバラに壊れた
沢村賞トロフィー」の後日譚

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 広島クリス・ジョンソンは、昨年の33歳の誕生祝いにこれまでの人生のなかで最高のプレゼントを手にした。

 ジョンソンの誕生日は10月14日で、そのときはまだクライマックスシリーズが行なわれている最中だったが、ファイナルステージでDeNAに敗れ、シーズンを終えるとアメリカ・ミズーリ州ブルースプリングスに帰った。そこで妻の実家で少し遅い誕生日パーティーが開かれ、ジョンソンは義理の父・ラリーから包装紙に包まれた大きな箱を受け取った。

「何だろう……」とワクワクしながら箱の中身を見ると、そこには壊れていたはずの沢村賞のトロフィーが入っていた。それを見たとき、ジョンソンは興奮を抑えきれなかった。

2年ぶりの2ケタ勝利を目指す広島のクリス・ジョンソン 話は2016年の11月まで遡(さかのぼ)る。この年、投手の最高栄誉である沢村賞に輝いたジョンソンは、オフに地元ブルースプリングスの郵便局に届けられた記念品のトロフィーを受け取りにいった。しかし箱を開けると、人生最大の悲劇が待ち受けていた。ガラス製のケースは割れ、トロフィーはグチャグチャに壊れていたのだ。

 当初は補償として、元の形に直してジョンソンに届けられることになっていたが、その後、郵便局側と送り主側で「どちらに責任があるのか」という話し合いは平行線のまま一向に解決せず、保険金は支払われたが、たったの200ドルだけだった。結局、トロフィーは壊れたまま箱から出されることはなかった。

「沢村賞を獲るのは簡単なことではありません。だからこそ、受賞したときは本当に嬉しかった。それなのに……すごく悲しい気持ちになりました」

 その様子を見かねたラリーは、ジョンソンに内緒でトロフィーを元通りにすることを決意。地元の腕のいい職人を探し、修復を行なった。かかった費用は保険金の200ドルをはるかに超えたが、トロフィーは完璧な姿に蘇った。

「ラリーには本当に感謝しています。この沢村賞のトロフィーはアメリカ50州のなかでも2つしかないですからね(1964年に阪神のジーン・バッキーが外国人選手として初めて沢村賞を受賞)。そのときとトロフィーは変わったのかな……。2つを横に並べて、どれほど変わっているのか見てみたいですよね」