2018.05.17

元マイナー最多勝、村田透に聞く
「日本のバッターを打ち取る方法」

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 シーズンが開幕し、4月5日の楽天戦では8回を4安打、1失点の内容で今季初勝利を挙げた。現在の村田の立ち位置は、先発6番手。チーム事情により登板の間隔が空いたり、配置が変わることもある。そんなことはアメリカで何度も経験している。とにかく、チームの勝利のために万全の準備をする。プレーする場所がどこであろうとも、選手として一番大事なことをこの男は知っている。

「今年は調子がいいですから」

 村田の表情は明るい。自分の投球スタイルが試合をつくる先発に向いていることは、村田自身が自覚している。5月10日のオリックス戦でも先発し、勝ち星こそつかなかったが6回1/3を4安打、1失点と好投。村田が先発ローテーションのひとりとして欠かせない存在になるのも、そう遠くはないはずだ。

◆山本昌は日本ハムドラフト7位・宮台康平をどのように評価していたか>>

◆デストラーデ「野茂は人間だけど、イチローはエイリアンだね」>>

関連記事