2015.07.29

デストラーデ「野茂は人間だけど、
イチローはエイリアンだね」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

デストラーデ インタビュー(後編)

 久しぶりに来日を果たした元西武のオレステス・デストラーデ前編では90年代の西武黄金時代についての話を中心に聞いたが、今回は日本人メジャーリーガーを中心に、これからの日本野球について熱く語ってもらった。

(前編から読む>)

2002年にイチローと久しぶりの再会を果たしたデストラーデ(写真右端)

―― デストラーデさんは90年から3年間、日本でプレイし、93年にメジャーリーグに復帰しました。その数年前に、セシル・フィルダーやビル・ガリクソン、ウォーレン・クロマティが日本球界を経て、メジャーリーグで活躍しました。日本人にとって、日本と大リーグとの距離が縮まった印象があります。

「私は、メジャーリーグと日本の一軍との距離は遠くに感じていなかったよ。結局、日本の選手やファンが、大リーグを精神的な部分(マインド)で遠いものと考えていただけじゃないかな。実際、アキ(秋山幸二)の身体能力はメジャーリーグでオールスターに出場する選手ぐらい高かった。ラルフ・ブライアントやブーマー・ウェルズ、マイク・ディアスといったほとんどの外国人選手が『アキは間違いなくメジャーで通用する』と話していたからね。キヨ(清原和博)のパワーもメジャーで通用しただろうし、渡辺久信も素晴らしい投手だった。ただ......アキが実際にメジャーリーグに行っていたら、成功するのは難しかったと思うんだ。技術ではなく、マインドの部分での準備ができていなかったからね」

―― 95年に野茂英雄さんがドジャースと契約し、衝撃を与えるほどの活躍を見せてくれました。

「野茂さんの成功を確信していたよ。フォークや身体能力の高さだけでなく、野茂さんは素晴らしいマインドを持っていた選手だったからね。ドジャースという名門チームを選び、それなりの成績ではファンも納得しない。プレッシャーは相当なものだったんじゃないかな。でも、野茂さんはそれをものともしない強いマインドがあった。だから、あれだけの活躍ができたんだ」