2018.04.25

大爆発、中日のアルモンテ&モヤについて、
あの打撃投手に聞いてみた

  • 寺崎江月●文  text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──久本さんは"モノ言う打撃投手"としてドラゴンズが明るくなるよう、さまざまな提言もされてきましたが、今季のチームの雰囲気はどうですか?

久本 昨年と比べて、若手選手たち個々の立ち居振る舞いが変わってきましたね。チーム内での腹の探り合いや、よそよそしい感じがなくなりました。おかげさまで明るくもなりましたよ(笑)。

──久本さんから見て"松坂効果"はありましたか?

久本 大いにあります! 忘れかけていた"緊張感"を松坂大輔が呼び起こしてくれました。野手ではキャッチャーの大野奨太が来てくれたことも若い発展途上のチームに大きな影響を与えています。

 残念ながら、ここ数年のドラゴンズはリーグ優勝に絡めない、CSにも出られない状況が続いております。やはりチームが強くなり、上昇するには数多く緊張感のある試合をして、場数を踏むことが不可欠です。

 松坂の初登板の試合では京田陽太のミスが大きく報道されましたが、あの時は出場した選手全員が普段味わったことのない緊張感のなかでプレーしていたはずです。そういう意味でも、松坂にはできるだけ多く登板してもらいたいですね。

◆山本昌は中日ドラフト1位・鈴木博志をどのように評価していたか?>>

◆松坂大輔を見て思い出す、プロ野球「記憶に残る復活投手」ランキング>>

関連記事