2018.01.30

川崎憲次郎が明かす、ドラゴンズFA移籍後の
「つらすぎる4年間」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro photo by Kyodo News

「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」 川崎憲次郎(後編)

◆「1回10万円以上の焼肉」を語る前編はこちら>

 プロ野球選手にとってFA移籍ほど難しい選択はない。その際にはもちろん、金銭的な条件が重要な判断基準のひとつになる。残留を願う現所属チームも、獲得を狙うチームも、そして、当の選手本人も悩みに悩む。

 そのまま残るべきか? それとも新天地で勝負をかけるべきか? 2000年シーズンにFA権を獲得した川崎憲次郎は、あのとき何を思ったのか?

2004年10月3日の引退試合で涙する川崎憲次郎

レッドソックスの好条件を蹴って

――プロ入り以来、ヤクルトスワローズでプレーしてきた川崎さんが、他球団に移籍する権利であるFA権を獲得したのが2000年シーズンです。最終的に中日ドラゴンズを選びましたが、結論を出すまでには相当悩んだんじゃないでしょうか。

川崎 はい。僕は、スワローズから出る気はあまりありませんでした。1999年、2000年は成績がよくなくて(7勝11敗、8勝10敗)、思うように勝てないでへこんでいた時期です。

 ただ、2000年のシーズン途中にFA権を得たんですが、権利を手にしたら、やっぱり考えますよね。日本シリーズが終わって交渉が解禁になったとき、最初に手を挙げてくれたのがドラゴンズでした。そのあとがボストン・レッドソックス、最後がスワローズで、あまり積極的ではありませんでした。

――当時のドラゴンズの監督は、先日お亡くなりになった星野仙一さんでした。

川崎 星野さんには「おまえが欲しい」と言ってもらいました。すぐに正式な条件提示もあって。でも、3球団のなかで一番条件がよかったのはレッドソックスでしたね。