2017.12.13

高校3年間ベンチ外からドラ3。
ヤクルト蔵本治孝「無名選手に夢を」

  • 高木遊●文・写真 text&photo by Takagi Yu

「コンパクトなフォームから投げ込むストレートはMAX151キロ。フォーク、チェンジアップの決め球があり、先発もできるが、セットアッパー候補としての期待が大きい即戦力右腕」

 ドラフト会議後、自身も1年目は抑え右腕として活躍した担当の岡林洋一スカウトは3位指名するに至った岡山商科大の右腕・蔵本治孝(くらもと・はるたか)について、こう評している。だが、即戦力との期待も受ける現在の状況は、昨年までの蔵本には考えられないものだった。

「記憶に残る選手になりたいです」と語る蔵本治孝

 兵庫県伊丹市に生まれた蔵本は、小学2年から通っていた天神川小学校の軟式野球部に入部し、中学では山田哲人(ヤクルト)もかつて所属していたヤングリーグの強豪・兵庫伊丹に入団し硬式野球を始めた。

 そこには完成度の高いエースがおり「僕は2番手か3番手くらいでした」とエースになることはなかったが、好素材を買われて、県内の強豪校の1つである神戸国際大附高に進学した。

 しかし、ここで日の目をることはなかった。それもそのはず、蔵本は3年間で1度もベンチに入ることができなかったのだ。チームは甲子園出場こそならなかったが「すごく雰囲気のいいチームで、そこ(ベンチ)に入りたかったです」と環境は申し分なかった。だが、右ヒジのケガもあって思うように野球ができなかった。

 大のプロレス好きで知られる青木尚龍(あおき・よしろう)監督からは、その恵まれた体を見て「高校を卒業したら相撲かプロレスに入門しろ」と、冗談とも本気とも取れるトーンで言われたこともあったという。