2017.11.16

「何が足りなかったか」トライアウトに
現れた元ドラ1たちのプロ人生

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 二軍で燻(くすぶ)るなかで徐々に失われていった自信。戦力外通告後も練習を継続していた野村だったが、「今の自分のレベルで野球を続けても仕方がない」と一度は不参加も考えた。

「『受けたほうがいい、まだできる』と言ってくれる方々が周りに沢山いて。奥さんからも『続けてほしい』と言ってもらえたので勝負しようと思いました」

 10月末にトライアウト参加を決意。トライアウト本番では本塁打を浴びるなど、厳しい結果となったが「トライアウトは楽しみたいと思って臨みました。そこは達成できたと思います」と気丈に振る舞った。

 3年間背負った背番号20については、次のように語った。

「最初のころは『重いな、責任重大だな』と思っていましたし、『エースナンバーを背負っているくせに』と言ってくる人もいたりしましたけど、最終的には気にする余裕もなかったというか......。気にならなくなりました」

 今後については、「自分だけではなく、家族もいるので」と独立リーグでの現役続行は考えず、NPB、企業チームからのオフォーを待つ意向を示した。