2017.05.16

名コーチが分析。山田哲、筒香の不振は
本当に「WBC後遺症」なのか

  • 木村公一●文 text by Kimura Koichi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「根拠は定かではありませんし、そもそもただでさえ攻略が難しいコースです。しかし、実際に右投左打の打者は、この内角ヒザ元は死角といえるほど見えにくく、捉えづらい。去年の筒香はそのコースをうまく捌けていたけど、今年はちょっと苦しんでいる気がします。それもフォームの問題というよりは、配球の変化で惑わされているように思えます」

 では今後、ふたりは復調していくのだろうか。

「哲人はあれだけの選手ですから、そろそろエンジンもかかってくるでしょう。とはいえ、トリプルスリーは厳しいかな。打てなかった時期の数字を取り戻すためには、相当の爆発を見せないと......。筒香は哲人と違い、いわば"駆け引き"の対応ですから、攻略したとしても、去年並みの40本を打てるかどうかはわかりません。球界を代表する打者ですので、まったくダメということはないでしょうが、ドツボにはまる可能性がないわけじゃない。そうなると、シーズンを通して20本程度で終わることも......ないとは言い切れません」

 山田のステップ幅と筒香の内角ヒザ元への対応。今季のふたりの行く末は、これらのポイントに集約されると言ってもいいだろう。

プロ野球記事一覧>>

関連記事