2017.01.20

「マー君、マエケンと同じ匂いがする」
寺島成輝、プロ1年目の青写真

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 寺島は、大型左腕だが制球力は安定しており、ゲームメイク能力も高く、マウンド度胸も抜群。また、フィールディングやけん制といった投げる以外の部分も問題なく、ここまで故障とも無縁の体を持つ。

 ボールはどうか。昨年夏の時点でいえば、近年の高卒ドラフト1位左腕の菊池雄星(花巻東→西武)の唸り上がってくるようなストレートや、松井裕樹(桐光学園→楽天)の打者の視界から消える変化球のキレはない。寺島自身、ボールの質を高めることを常に課題として取り組んできたが、まだ成長途中にある。

 ただストレートに関しては、プロに進めば体は大きくなり、強さも増す。球威や球速は間違いなくこれまで以上になる。おそらく活躍できるかどうかのポイントは、変化球だろう。高校2年の秋を終えたとき、ストレートの質の向上と同時に、「寺島といえば"これ"と言われる変化球を身につけたい」と取り組んだ。

 結局、高校時代に"伝家の宝刀"と呼べる変化球を手に入れることはできなかったが、プロ入り後に手にする可能性は大いにある。寺島も「キャンプ中に『これは!』という日がきてくれたら嬉しいですね」と表情を緩めた。

 そして寺島がプロの打者との対戦をイメージしたとき、「特に気をつけたい」と力を込めていたのが低めへの意識だった。

「高校2年の秋以降は、ストレートの質を上げることに意識を置いてやってきました。相手を圧倒するようなストレートを目指していた分、コントロールがアバウトになったところもありました。でも、プロでは力のある球をきっちり低めに投げないと通じないはず。コースが甘くなったとしても低めには投げる。逆に、球が浮き始めたときは絶対にコースを間違わない。2つとも間違えないようにすることが大事だと思っています」