2016.03.16

横田慎太郎&高山俊。若き2人の「フルスイング」が阪神の未来を変える

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 予想通り、ソフトバンクは2位で三菱自動車倉敷オーシャンズの右腕・森唯斗を指名。横田と同じ高校生外野手の指名は、4位で上林誠知(仙台育英)だった。一方、横田は阪神に2位で指名された。

 横田が3年生の春の鹿児島大会。地元の人からの評判を聞いて、彼を見るためだけに鹿児島県営・鴨池球場へ飛んだ。試合前ノックでベンチから外野に向かうそのうしろ姿に、「冬に鍛えたオレの野球を見せてやるぜ!」と言わんばかりの心意気が伝わってきた。ひと目で「コイツはプロで活躍する逸材だ」と感じた。

 右中間を突破する三塁打の打球も素晴らしかったが、それ以上に目を奪われたのが左中間のフェンス際に上がった飛球だ。高く上がっていって、いつまでたっても落ちてこない。プロでもめったに見ることができない、なんとも雄大な放物線だった。

「桜島まで飛んで行きそうじゃったのう(笑)」

 年配の高校野球ファンがうれしそうに語っていた。人の心を揺さぶることのできる打球が打てる。長打力の本当の意味を、高校生の横田に教えてもらったような気がした。

 だから、1年目にウエスタンリーグでレフト方向に1試合3本塁打を打った試合を見られなかったのが、今でも残念でならない。「僕は全然驚きませんよ」と、高校時代の横田を見た者として、びっくりする周囲にそう自慢したかった。

 昨年は横田が出場していたウエスタンを3試合見る機会があった。プロ2年目となり、鴨池球場で見た"オレ様感"は薄らいでいたものの、桜島まで飛ばしそうなフォローの大きい伸びやかなスイングは変わっていなかった。