2015.04.04

ヤクルトナインが語る「黒田博樹ツーシーム体験記」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sportiva

高津臣吾投手コーチ

「ボールはよく動いていましたね。そして、どの球種も狙ったところにきていました。これは投手として最大の目標であり、なかなかできることではありません。『さすが』のひと言です。ただこの先、審判によって結果は変わってくるのかな、と思いました。あの試合は、正直、ストライクゾーンが広かった。まあ、審判のストライクゾーンによって投げ分けられる技術があるのは間違いないんですけどね……。あとは、広島の本拠地・マツダスタジアムは球場の雰囲気が独特なので、それに呑み込まれないことが第一ですね」

川端慎吾

「真っすぐが想像以上に速かったです。試合前の準備としては、低めのツーシームはしっかり見極めようと考えていました。オープン戦で対戦した時に感じたのは、ツーシームのタイミングで待っていても真っすぐに対応できると。でも、オープン戦の時とは球威、キレともまったく違いました。あれだけスピードがあると、ツーシームを待って真っすぐが来ると振り遅れるし、真っすぐを待ってツーシームが来るとボールを引っ掛けてしまい内野ゴロになっちゃうんです」

 川端はレフトへの安打を1本放ったが、その他はセカンドゴロとファーストゴロだった。

「次の対戦のイメージとしては、ポイントを前にして思い切り引っ張った方がいいのかなと思います。本当にすごいピッチャーです。あと、ボールの出どころが見づらいというか、いきなりボールがパッと出てくる感じです。ただ、甘い球は何球かあったので、今度対戦する時はそこをしっかりとらえていきたいです」

―― 左打者の内角に迫ってきて外に逃げていく”フロントドア”についてはどんな印象を持ちましたか。

「僕の打席では投げてこなかったですし、そんなに気にはしていません。黒田さんはプレートの一塁側を踏んで投げるので、左打者に対してはそういうボールになりやすいんじゃないですか」