2014.03.21

西武・浅村栄斗「目標はトリプルスリーとデレク・ジーター」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Nikkan sports

―― この数年間で身体的にかなり大きくなった印象があります。どういう選手像を目指しているんですか?

「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)をできるような選手ですね。すべてパーフェクトにやりたいというか、全部でトップクラスになりたいんです。そういう意味でトリプルスリーを目指していきたい。現時点では、まだまだですけどね」

―― 昨季、好成績を残したことで、今年は例年以上に欲が増していますか?

「ハードルはガーンと上がりましたけど、やりがいもすごく感じています。去年あれだけできたので、それを基準にしながらどんどん新しい目標を探していきたいなと思っています」

―― 新しいという話でいくと、今季から守備位置がセカンドになりました。「セカンドを守ったことで、守備に楽しみを感じている」という話をしていました。

「今は楽しいですね。昔から本職として、ショートもセカンドもやってきました。去年守っていたファーストも面白さはありますけど、自分の好きなポジションは二遊間。やっていて、久しぶりに楽しいというか、やりがいを感じています。目標にしているのはゴールデングラブ賞。まだまだですけど、セカンドでもゴールドグラブ賞を獲れるような選手になりたいですね」」

―― そのために現在、取り組んでいることは?

「セカンドはダブルプレイにしても、足を使ったプレイが多い。どんな形でもアウトにすることを大事にしていますね。どんな体勢でも、スローイングしてアウトにしないといけない。とにかく動き回るポジションです。試合に出ながら課題を見つけ、それを克服していくうちに、レベルが上がっていくと思います。今はどんどん試合に出たい」

―― 他球団のセカンドで、うまいなと思う選手は?

「楽天の藤田(一也)さんですね。堅実ですし、どんな体勢でも投げられるし、捕ってから投げるまでが早いし、足の動きもいい。本当にうまいなと思いますね。見ていてすごく勉強になります。体は大きくても藤田さんのように動き回れる内野手を目指したいです(浅村は182センチ、93キロ)。キャンプが始まった頃は体重が増えたことで『重いな』と感じましたが、徐々に自分の感覚にマッチしてきたというか……この体をうまく使いこなせるようになれば、もっと成績は上がると思いますし、ホームランも増えると思います」

―― 浅村選手が目指すのは理想の内野手というのは?

「デレク・ジーターのように大型だけどグラウンドを動き回って、ホームランも30~40本打って、打率も3割。そういうのが自分の中では理想ですね。急に100キロまで増やすのは無理ですけど、徐々にやりたいなと思っています」